自営業者のやり方とは!!拘るべきは仕事内容 | Purpose We All Share

自営業者のやり方とは!!拘るべきは仕事内容

何でお金を稼ごうとするのか

自営業者と言うのは、何でお金を稼いでいるのかが大事になります。要するに起業を目指すのであれば、収入源は何にするのかです。世の中に永遠にある仕事と言うのはないです。あくまで中身を徐々に変質させつつ、進化していきます。質がよくなり、サービスは多様化していきます。自営業者においてはそれが一番の問題になります。つまりは、大凡の仕事が徐々に時代に追い抜かれるわけです。何で稼ぐのかを考えて、常に進化を目指すことです。

拡大事業ではなく変革を

自営業をするのはよいですが、事業と言うのは常に変質していきます。ですから、いつも変革を意識して、仕事をすることです。目の前の自営業の仕事に一杯一杯であることも多いでしょうが、しっかりと時代を認識して、変革を求めるべきです。これは拡大、と言う意味ではないです。ここを履き違えると大変です。重要なのは、時代に合わせて行くことです。スケールメリットが強い時代になっていますが、個々のサービスも求められていますから、ニーズを掴むことです。

経理や会計の知識について

時代に変革を求めて、事業内容を徐々に変えていくのは基本です。しかし、変わらない作業もあります。それが経理であり、これは確実に必要になります。その上で、自営業者のハードルの一つになっています。具体的にいいますと税金の申告などに使います。経営状況の判断などにも使えますから、コンピュータで処理をすることは基本です。会計ソフトを用いて、上手く自営業の経理をやるとよいです。必須の作業ですし、知識は必要になります。

定年退職者や起業家の間では、フランチャイズ経営のメリットについて注目が集まっており、しっかりと資金を蓄えておくことが大事です。