フランチャイズの始め方としては!!ロイヤリティが大事 | Purpose We All Share

フランチャイズの始め方としては!!ロイヤリティが大事

契約内容が実は色々と違う

フランチャイズでの起業と言うのは、実は色々とメリットがあります。それはノウハウを買うことができる点です。つまりは、起業は原則的にノウハウを身につけて、コネを作り、それで商売を開始するわけです。しかし、フランチャイズであれば、販売方法から、仕入れルートまですべてを借りることができます。それが得られるので、フランチャイズでの起業というのは、とても楽ができます。但し、契約の内容は同業種であろうと違いが色々とあります。

例えばコンビニであろうとも

フランチャイズの代表格と言えば、コンビニですが、これも色々と違いがあります。自前で土地を持っているのか、ということによっても違いますし、広さによっても違います。何年契約であるのか、ということによっても細かい契約内容が変質します。これは意外と交渉によって決めることができます。少しでもロイヤリティを少なくしたり、義務的な部分を減らせるようにしたほうがよいです。それが長く利益を出し続けるコツであるといえます。

ロイヤリティと契約金

当然ですが、フランチャイズ本部も利益を出す必要があります。そこでロイヤリティと契約金があるわけです。契約金、或いは更新料が頻繁に必要になるようなところは避けたほうが良いです。同じ業種であっても、そのフランチャイズによって大きく違いがあります。そこをよく知っておき、資料を取り寄せて、比較した方が良いです。上手くすれば、双方を競争させてよりより条件を引き出すことができる可能性が高くなります。但し、あまり欲は掻かないことです。

代理店とは、商取引の代理や仲介をする店のことです。売買契約の当事者にはなりません。商品の提供やお金の支払いについても関知せず、直接メーカーと購入者の間で行われます。