トイレのつまりのトラブル、修理までの手順 | Purpose We All Share

トイレのつまりのトラブル、修理までの手順

トイレのつまり、まずはセルフケアしてみる

トイレのつまりが発生したら、まずはラバーカップを利用します。ラバーカップはゴムでできており、吸引することでつまりを解消してくれる優れものです。水流が弱いトイレは詰まりやすくなりますし、ラバーカップも硬すぎたり柔らかすぎたりすると吸引力が少なくなります。トイレの排水溝と同じくらいの大きさで柔らかすぎず硬すぎないラバーカップをトイレに置いておくのがおすすめです。押し込んだ時に均一に力がかかるものがおすすめです。

化学的に溶解してみるみず

紙のつまりや水流の弱さが原因の場合には化学洗剤を利用してみるのもおすすめです。習慣的に利用することになりますので、洗剤をいくつか試してみてよさそうなものを用意しておくと掃除のたびにちょこちょこ利用できて、予防につながります。尿石による変色も防ぐことが出来ますし、夜水たまり部分に洗剤を入れて時間をおいておくと汚れも取れるようになります。汚れの蓄積によるつまりにはラバーカップよりも化学洗剤のほうが効果があります。

最後の手段、業者に依頼する

最終手段としては業者に依頼することです。水もれ、つまりなどトイレのトラブルは早急に解決しなくてはなりませんので、費用のことはさておき、すぐに対処してくれる業者に依頼するべきです。最初から詰まりそうな固形物をトイレに流さないことや、水流が弱いという感覚があるのであれば、徹底した掃除を行い、ラバーカップを試した後でも変わらない状況ならトラブルがなくても専門業者に検査してもらうことがおすすめです。業者については近所の専門店を調べておくといざという時便利です。

水道工事を手掛ける業者では、水漏れや詰まり、蛇口交換など、幅広い依頼に対応しており、日常の様々なシーンにおいて役立ちます。